治療精度を高めるスマイレアデンタルクリニックの設備

JR横浜線大口駅より徒歩約1分

Device

設備紹介

MENU

安心・安全でより確かな
歯科医療を提供
横浜市神奈川区大口駅前の歯医者 スマイレアデンタルクリニックでは、
地域の皆さまが信頼して通っていただける歯科医院を目指して、安心・充実の医療機器や
徹底した衛生管理のもと安全な歯科医療の提供に努めます。
Highr quality

的確な診断・高度治療を
支える設備

MICRO SCOPE

歯科用マイクロスコープ

肉眼の最大40倍
歯の切削量を低減
拡大視野により、低侵襲かつ
精密で
質の高い治療を可能に
マイクロスコープとは脳や心臓の外科手術にも用いられる手術用顕微鏡です。肉眼の6〜40倍まで視野拡大が可能なため、被せ物・詰め物の中に潜む小さなむし歯や歯周病などの早期発見・治療に役立ち、医師の経験や技術で左右されてしまう肉眼での治療と比べて診断の正確性と治療の精度を高めます。
治療時に原因を徹底除去できなかったことで、再治療をくり返して歯の寿命を縮めます。マイクロスコープを使用した治療は、拡大視野でしっかりと汚染物質を捉えながらの除去で、削る量を抑えて抜歯・再治療のリスクをできる限り回避します。
  • 根管治療
    *

    歯の神経が巡る根管の治療はより高い精度が求められます。拡大視野で汚染物質をしっかり捉えて取り除き、治療後のトラブルを防ぎます。

  • 虫歯治療
    *

    小さな虫歯でも進行すれば最悪の場合抜歯につながります。歯科顕微鏡では微細なむし歯も捉え、初期段階での発見・治療で歯への負担を軽減します。

  • 審美修復
    治療
    *

    数ミクロン単位の調整で隙間なくぴったりな詰め物・被せ物治療が可能になり、隙間から侵入する虫歯菌を防いで再治療のリスクを減らします。

DENTAL 3DCT

歯科用3DデジタルCT

高精細低被曝
*
口腔内を正確に検査・把握
平面のみの情報しか得られない通常のレントゲンと比べて、横浜市神奈川区大口駅近くの歯医者 スマイレアデンタルクリニックで導入している歯科用3DCTでは、パノラマ撮影はもちろん立体やスライス撮影が可能です。様々な角度からの情報が詳細かつ高精細に得られるため、インプラント・矯正治療・口腔外科(親知らずの抜歯など)といった高度治療の診査・診断の精度を高めます。
妊娠中の方などレントゲン撮影による身体への影響を心配される方も多いかと思いますが、歯科用CTでは撮影部位が口元に限られるため比較的放射線量が少なく、身体への負担はほとんどないのでご安心ください。
  • *
    カウンセリングソフト
    患者さまの治療に関する理解度を深めていただき、不安を少しでも解消するためにアニメーションやイラスト・写真を使用して検査結果や治療計画をわかりやすくご説明します。
  • *
    歯科用拡大鏡
    (ルーペ)
    一般治療や予防メインテナンスの際に小さな病変や汚れの見落としを防ぐため、拡大視野により繊細かつ慎重な診療を可能にします。
  • *
    カリスクリーン
    唾液を採取するだけで、その場ですぐ今のお口の清掃状態を数値で確認できます。むし歯リスクや原因を調べ、科学的な根拠に基づいた予防管理で健康な歯を維持します。
  • *
    口腔内用
    一眼レフカメラ
    治療前の検査や治療経過、治療後の改善度を把握するためにカメラで口腔内を記録します。患者さまにも写真をご覧いただくことで、治療内容の理解が深まり治療成果を実感できます。
  • *
    口腔内用小型カメラ
    見えにくい奥歯の細部まで口腔状態を確認し、治療内容や進行状況などモニターを見ながら患者さまと医師間でリアルタイムでの共有が可能です。
  • *
    根管長測定機能付
    モーター
    根管治療(歯の根、神経の治療)をスムーズかつ的確に行うため、歯の根の長さを測定しながら汚染された神経や血管を除去します。
  • *
    レーザー虫歯検知器
    歯にレーザー光を当てるだけで歯質の状態が確認でき、小さなむし歯も見逃さずに進行度を数値で表します。鋭く尖った探針による検査と比べて歯質を傷めることなく検査が可能です。
Clean & Safty

世界基準の滅菌システム
による感染予防

STERILIZER

クラスB高圧蒸気滅菌器

世界最高水準 クラスB滅菌器
*
徹底した滅菌管理で
感染リスクを低減

治療で用いる歯科用器具は小さくて複雑な構造のものが多いため、器具内部の奥まで汚れが入り込んでしまうと、手作業で完全に洗浄・消毒するには限界があります。横浜市神奈川区大口駅前の歯医者 スマイレアデンタルクリニックでは、滅菌器の中でもトップレベルの滅菌力をもつ「クラスB滅菌器」を導入。器具のメーカー・材料・形状問わず新型コロナウイルス、C型肝炎ウイルス、HIV(エイズウイルス)などのあらゆる細菌・ウイルスを徹底的に滅菌します。

クラスB滅菌器とは?
*

高圧蒸気滅菌器はヨーロッパ規格で3種類のクラス(B・S・N)に分けられます。当院でも導入している最も高い基準をクリアしたクラスBの滅菌器だけが、形状・種類に限らず全ての細菌・ウイルスを死滅させます。

  • *
    ハンドピース専用
    滅菌器
    歯の切削に使用するタービン・ハンドピース専用の滅菌器で、複雑な内部の奥まで高圧蒸気を浸透させて確実に細菌・ウイルスを滅菌します。
  • *
    高性能洗浄器
    効率よく滅菌を行うには、滅菌処理の前に器具の汚れを完全に落としきることが重要です。手作業では難しい内部にまでこびりついた血液や汚れを自動で洗浄して消毒まで行います。
  • *
    口腔外バキューム
    治療中の水沫が患者さまの顔にかかったり、粉塵を吸い込んでしまわないよう素早く吸引します。常に診療空間をクリーンな環境に保って飛沫感染を予防します。
  • *
    医療用大型空気清浄機
    来院される方に安心・安全な医療空間を提供するため、医療機関でも活躍している大型空気清浄機を設置。花粉・PM2.5・ウイルス等を素早く除去して清潔な環境をキープします。
  • *
    洗浄システム搭載
    ユニット
    治療中やお口をゆすぐ際に使用する水は、人体にも安全な過酸化水素水を使用して自動洗浄・消毒を行い、ユニット内の水を常に清潔・衛生的な状態に保ちます。

その他院内感染予防の
取り組み

  • *
    細部にまで配慮した衛生管理
    消毒・滅菌が不可能な器具はできる限り使い捨てのものを使用し、患者さまごとにエプロンや手袋を交換しています。また、医療に携わるスタッフとして全員が手洗い・うがい・消毒などの感染予防を徹底する他、こまめにユニットの消毒や周囲の清掃などを行い院内感染ゼロを目指します。
  • *
    不潔域と清潔域の交差を回避する医院設計
    衛生管理の要となる消毒室で汚染が広がらないように、入口と出口を分けた医院設計で滅菌作業の動線を一方通行にして不潔域と清潔域を管理しています。
    滅菌済みや未使用の清潔な治療器具が不潔域を通ることなく、診療室へと運ばれます。
Painless

痛みや不安を
和らげる治療を

LAD

光殺菌装置

身体に優しい痛み軽減の治療
根管治療、歯周病、インプラント周囲炎
身体への負担を少なく
感染部位を殺菌

抗生物質を使用せず身体に安全な治療法「光殺菌治療(LAD)」に使用します。光に反応するジェルを組織や細菌に浸透させたあと光殺菌装置でLED光の照射を行い、光とジェルが化学反応を起こして発生する活性酸素の力で殺菌します。細菌にのみ反応するので、周りの歯を傷つける心配はありません。
むし歯・歯周病をはじめ根管治療・インプラント周囲炎治療・口内炎・真菌感染症などで導入しており、痛みや薬による副作用の心配が少ないため、妊婦さんにも安心して治療を受けていただけます。

  • *光線過敏症の患者さまには利用できません。
  • *FotoSan630は日本ではまだ承認されていない医療機器です。当院ではその安全性と効果を確認の上、歯科医師の裁量のもと治療に取り入れています。
  • *本項は広告ではなく当医療機関の情報提供・広報に該当いたします。

光殺菌治療(LAD)
について

光殺菌治療のメリット
  • POINT01痛みが少ない
    ジェルを浸透させた患部へ光を照射するだけなので、歯を削る治療に比べてほとんど痛みを伴いません。痛みに弱い方も安心して治療を受けていただけます。
    痛みを軽減
  • POINT02あらゆる細菌に作用する
    細菌感染が原因となる虫歯・歯周病治療、根管の治療、口内炎などのあらゆる治療に最適です。また、活性酸素は人間が本来もつ免疫力を引き出して持続的な殺菌効果を発揮します。
    光殺菌前後の比較
  • POINT03耐性菌をつくらない
    抗生物質を使用しないので、薬剤耐性菌をつくったり増えることはありません。そして、すでに口腔内に存在する耐性菌に対しても高い殺菌力が期待できます。
    耐性菌も破壊
  • POINT04副作用のリスクを軽減
    殺菌作用は光の照射によって発生する酸素によるものです。そのため、痛みはもちろん副作用の心配が少ないので妊婦の方も繰り返し治療が可能です。
    身体に安心
様々な治療に対応
  • より徹底した細菌の除去
    通常の治療に加えて光殺菌治療を行うと、従来の治療では完全に取り除けなかった細菌の徹底除去が可能となり、再治療のリスクや治療にかかる時間を軽減します。
  • 継続的な予防ケア
    治療後の定期検診や矯正治療のメインテナンスなど、再治療や歯周病・虫歯予防を目的とした光殺菌治療を行うことで、継続的な予防管理としても効果的です。

歯周病治療の場合

  • *

    光殺菌の前にプラークや
    歯石などの感染源を除去

  • *
  • *

    光感受性ジェルを
    治療箇所へ注入・塗布

  • *
  • *

    10~30秒光を照射し、
    薬剤の効果を活性化

  • *
  • *

    光感受性ジェルや
    死滅した細菌を洗浄

  • *
    電動麻酔注射器
    電動麻酔注射器と極細の針を採用しています。手動麻酔注射では不安定になりやすい圧力・麻酔液注入スピードを一定に保って痛みを大幅に軽減します。
  • *
    表面麻酔剤
    麻酔注射を打つ箇所へ事前に表面麻酔剤を塗布します。歯茎に薬剤を塗るだけなので痛みもなく、数十秒後には表面が麻痺して注射針が刺さる感覚を鈍くします。
  • *
    カートリッジ
    ウォーマー
    注入する麻酔液が冷たいと体温との差で痛みを感じやすくなります。体温に馴染む温度まで麻酔液を温めることで温度差による痛みを和らげます。
Other

その他の設備

  • *
    歯面清掃器具
    エアフロー
    微細な粒子によるパウダー噴射で、バイオフィルム(細菌のかたまり)や着色汚れを、歯の表面から歯周ポケットの隅々までやさしく歯を傷つけることなく除去します。
  • *
    ホワイトニング照射器
    直接開口器に装着するので、照射位置がずれることなく一定の照射位置を保ちます。施術中に身動きがとれないことによるストレスや照射時間が軽減できます。
ページの先頭へ戻る