大口駅近くスマイレアデンタルクリニックのブログ

JR横浜線大口駅より徒歩約1分

Blog

ブログ

MENU

右上前歯2本を治した例

こんにちは。スマイレアデンタルクリニック院長の小林です。

今回ご紹介するのは、過去に治療した前歯の見た目に不満を抱えていた患者さんを治療したケースです。

<患者さん>
60代、女性

<主訴>
右上の前歯2本の色が周りと合わなくて気になる

初診時

【初診時】右上の中切歯と側切歯(向かって左上の1・2番目の歯)はつめ物とかぶせ物がしてあるが、色が周りと合っていない

 

<治療期間>
2か月半

<治療内容>
右上の中切歯と側切歯をジルコニアセラミッククラウンにて治療

右上の側切歯(真ん中から2番目の歯)は根管治療をおこないました。
せっかく綺麗にするならとホームホワイトニングをして全体的に歯の色を明るくしてから削って型どりをしました。

<メリット>
ジルコニアセラミックスは天然の歯に限りなく近い見た目を再現できる。
セラミックスはプラークが付きにくいため、歯ブラシできれいにみがきやすい。
セラミックスは劣化しにくい材料のため、何年たってもほとんど変色しない。

<デメリット>
精密な治療をおこなうため、1回の治療時間と全体の治療期間が長くなる。
ジルコニアセラミックスは自費診療のため、費用が高くなる。
セラミックスは強い衝撃を受けると割れることがある。

<費用>
約360,000円
ホームホワイトニング(上下顎)
ファイバーコア
ジルコニアセラミッククラウン × 2(スタンダード)

 

当院では自費診療で型どりをおこなうときにシリコーンゴムでできた材料を使用しています。
この材料は一般的に広く使用されている型どりの材料(寒天+アルジネート)と比べると、扱いが難しく、型どりの下準備や材料が固まるまでの時間など、一つ一つの工程に時間がかかります。
しかし、精密に型どりができ、取れた型の変形も少ないため、精密なかぶせ物を作製することができます。

印象

【シリコーンゴムで取った型】歯の型がしっかりと取れている

 

ジルコニアセラミッククラウン

【完成したクラウン】歯にピッタリ合うように作るには、精密な型から作った精密な模型が必要

 

治療前後の写真です。
before-after

 

左が初診時、右が治療後3か月経った時のものですが、ホワイトニングもしたので全体的に明るく健康的な印象になりました。

患者さんからも「歯を見せることに抵抗がなくなった」と、とても喜んでいただけました!

歯の色や形が気になるなどのお悩みがありましたら、ぜひご相談ください。

症例一覧へ

ページの先頭へ戻る